項目別受験情報

特色

特色 - 北海道医療大学

歯科医学・医療に対する早期動機づけを図るため、専門科目を1年次から学ぶなど6年間一貫教育を実施。1年次には専門科目の「歯の解剖学」、早期動機づけとして「歯学概論」、病院・福祉施設等での研修を行う「医療人間学演習」等を配当。また、社会環境、疾病構造の変化、そして歯科医学・医療の高度化や全身医学の考え方に対応するため、専門科目では、従来の研究分野ごとに独立した枠組みを取り払い、統合的な科目を数多く設けた。

主なものでは、歯の咬み合わせを発育レベルで学ぶ「咬合の科学」、全身医学との関連について学ぶ「内科学」、「外科学」、患者と歯科医師の心理と行動を学ぶ「歯科医療行動科学」、医療技術の高度化に対応する「口腔インプラント学」、また、疾病構造、社会環境の変化に対応した「高齢者歯科学」、「障害者歯科学」等がある。また、2006年、歯学部実習室に国内最先端の臨床教育マルチメディアシミュレーションシステムを導入するなど、教育環境の整備も進めている。

特色 - 岩手医科大学

1学年から3学年までに一般教育科目を学び、将来歯科医師として必要とされる人間に関する深い共感と、自然に対する正しい認識と健全な判断力を養う。

また、それと併行して専門教育科目を学ぶ。1学年では歯科医学概論、2学年では解剖学などの基礎歯科医学科目の授業が行われ、3学年までに基礎歯科医学の全科目を履修する。

3学年からは臨床歯科医学の授業が始まり、5学年までに臨床歯科医学の全科目の授業が行われる。その中で本学の特質を生かした多くの隣接医学の講義もある。5学年からは臨床実習が始まり、6学年まで行われる。6ヵ年間の学習を通して、理解力、問題解決能力、歯科医師に要する高次の認知力を養い、さらに歯科医師としての技能、精神、情意能力を身につける。

卒業直後からの卒後教育は、研究、臨床へと研鑽の道がいろいろと開かれている。

特色 - 奥羽大学

豊かな人間性を備えた歯科医師として社会に貢献することを目標に、将来の基盤となる幅広い知識・教養を身につけるため柔軟で効率的なカリキュラムで一貫教育が実施されている。

一般教養と専門科目、また専門においても基礎歯学科目と臨床歯学科目の間において、横の連携を重視した編成となっている。基礎学力の徹底には視聴覚教材を駆使して、知識・技術の充実を図っている。また、小人数教育が特徴で、優れた教授陣とのマンツーマンのふれあいを通して、基礎力と応用力を兼ね備えた総合的な判断力をもった歯科医師を養成している。

学生の臨床実習の場として、また地域医療の場として、歯科医療の最新研究の場として大きな役割を果たしている附属病院は、開設以来地域社会の医療に大きく貢献してきたが、特に最近では社会的要請の強い障害者、高齢者に対する医療にも対応できるよう体制の整備に努めている。

特色 - 明海大学

歯科医師としての知識や技術はもちろん、情報教育、語学教育、医師としての人間形成教育など、広い視野を持った感性豊かな新時代の歯科医師を育成することを目標としている。

カリキュラムは一般教養と専門科目を有機的に結びつけた6か年教育を行っている。コンピュータリテラシー教育にも力を入れ、1・2年次にパソコン学習の科目を設置するほか、4年次にはインターネットを利用した医療情報科学の授業が設けられている。

建学の精神である「国際性」の実現にも力を注いでおり、海外姉妹校等との奨学海外研修制度の費用は大学が全額負担するなどサポート体制が充実している。

卒後研修の受け皿としてPDI(明海大学PDI埼玉歯科診療所、明海大学PDI東京歯科診療所、明海大学PDI浦安歯科診療所)があり、研修医として診察・治療に当たりながら経験を積むことができる。また独自の生涯研修(CE)のプログラムも充実している。

特色 - 東京歯科大学

東京歯科大学では、口の中だけに留まらず全身との関係で歯科医療をとらえることを目指し、教養科目、基礎・臨床の専門科目が連携をとった多面的・統合的な授業を行っている。また、知識・技術だけでなく、良き医療人としての態度を身につけるコミュニケーション教育に力を入れている。各年次において患者体験・誘導実習、コミュニケーション技法実習、介護施設実習、医療面接実習などの体験実習を行い、レベルに応じた段階的・継続的なコミュニケーション教育を実現している。

5年次からの臨床実習は水道橋病院・千葉病院・市川総合病院で行われ、豊富な症例数のもと貴重な経験を積むことができる。市川総合病院では、一般医科の実習も行い、全身との関連に配慮した総合的な診断のできる歯科医師を育てている。

これらの学習支援のためにマルチメディア教室や臨床シミュレーション実習室などの充実した設備を整え、また、無線LANや教育用WEBなどのIT環境を整備し、学生の自学自習にも活用されている。

これらの教育システムと学年主任制による親身の指導で、例年、高い国家試験合格率を維持しており、今年度の国家試験合格率は96.3%で全国29歯科大学・歯学部の中で1位を達成した。

特色 - 日本大学(松戸歯学部)

医学的歯学を教育の背景として、最先端医療を担う人間性豊かな歯科医師の育成を目指す。一方で本学部独自の科目をいくつか設置しており、歯科医学教育に新風を送り込んでいる。

カリキュラムは、教養科目・準備教育科目及び専門科目等からなっており、それぞれ6年間の一貫教育の中で体系的に履修できるよう年次配当されている。また、平成10年より視聴覚設備を充実させ、パソコンなどの映像を利用した講義が行われている。

東京の近郊、松戸市にある約7万平方メートルのキャンパスには、最新の教育・医療及び研究施設が整う。本学部の特徴である共同研究室は、学生・研究者が研究分野に応じて利用でき、若手研究者の活躍・交流の場となっている。ここで得られた研究成果は国内外で高い評価を受け、トロント大学をはじめとする姉妹校との共同研究など、学生・教員の国際交流も活発に行われている。

なお、平成18年4月には地上5階地下1階建ての新付属病院が完成。最新設備が整った環境のもと、高度歯科医療を推進している。

特色 - 昭和大学

医・歯・薬・保健医療学部の連携のもとに、他大学にはない特徴を打ち出した新しいカリキュラムを導入し、6年間を通して「社会の中で学ぶ」機会を取り入れている。福祉・保健施設を訪問しての介護実習や、歯科病院での待合室実習、討論やディベートを取り入れた授業形態など、問題発見・解決型の講義や実習も展開している。

旗の台校舎には最新の設備を備えた模型実習室が整備され、また、医系総合大学のメリットを生かし、他学部の協力を得ながら口腔と全身との関わりを理解するための講義も用意されている。5年生の臨床実習では、洗足校舎の歯科病院を中心に、数多くの医学部附属病院も活用している。6年次の選択実習では国内外の研修を含めて幅広い選択が可能である。学生教育の国際交流に力を入れ、オーストラリアアデレード大学の講義・実習に参加するプログラムを実施している。オーストラリアや米国、ドイツ、中国などの海外交流プログラム締結校での実習を選択することも可能である。

特色 - 日本大学(歯学部)

当時としては先駆的な「医学的歯学」の教育理念の基に創設された歴史と伝統のある学部。歯学を全身との関連において学びとることの重要性を唱えたこの理念は、現在の日本の歯学教育の基本となっている。

5・6年次に、総合大学のメリットを生かし、医学部の教授陣による内科・外科学など隣接医学の講義を充実させている。

本学のカリキュラムは、各学年の教育目標を定めるとともに、経年的に医療人としての人格を磨く観点から、早期体験実習を含むモチベーションに留意した「医療人間科学」を開講している。また、問題解決能力を高めて基本的な歯科医学・医療の知識とスキルを修得するために小人数教育によるチュートリアル形式による教育を、全教育課程に取り入れている。

特色 - 日本歯科大学(生命歯学部)

6年一貫制のカリキュラムを編成して、一般教育から、基礎・臨床教育へと効率的で整合性のある授業・実習を実施している。

附属病院における臨床実習は、総合診療システムを採用し、グループ単位の一診療所方式で、保存科・補綴科・口腔外科・歯周病科の4科の指導医が総合的に患者診療と学生指導に当たる。一般歯科診療を学生に実践させることで、卒直後の臨床研修をしのぐ成果を挙げている。

一方、附設の共同利用研究所のX線解析や情報処理などの諸施設を利用して、全学的な研究システムを構築している。併せて、図書館における情報検索やデータベースなど、最新のコンピュータシステムやインターネットを通して、広範で国際的な研究活動を行っている。

特色 - 神奈川歯科大学

本学は、百年以上の歴史をもち、「愛の精神の実践」を建学の精神として、世界に羽ばたく歯科医師の養成に取り組んでいる。2013年4月にスタートした新カリキュラムは、少ない科目を集中的に学修して着実に履修できるよう5ステージ制を採用。体系化した学位プログラムと学生にとって着実で無理のない学修プログラムで、学生一人ひとりの持つ能力を最大限に引き出し、それを伸ばし、社会に貢献する歯科医師養成をめざして教職員一丸となって学生を支援していく体制をとっている。

臨床実習に入る前の実習では、診療中心の実習と技工中心の実習を効果的に融合させた本学オリジナルの実習机を使用し、座って体の向きを変えると、左側は治療室、右側は技工室にいるのと同じように作られている。特に左では模型の歯を削る練習や削った歯の型を取る練習、噛み合わせのチェック、口の中の検査等を行い患者さんへの対応を備える。

特色 - 鶴見大学

創設から45年目を迎えた歯学部は、バックボーンとして大本山總持寺が控えており、曹洞宗の宗教観と倫理観に根ざした「人に尽くす歯科医師の養成」を大きな目標にしている。そのためには、十分な歯学の知識と優れた技術が必要で、社会の変化に即応した歯科医学の勉強の場として革新を続けている。

1年次では一般教育科目を中心に将来、医療に従事する人間としての心構えを学ぶ。2年次からは、歯科基礎医学科目を中心に医科大学とほぼ同じ内容の講義と実習が行われている。2年次後期には「人体解剖学実習」があり、人体解剖の実習を通して医学への理解を深める。3・4年次にはさらに歯科臨床科目の講義や実習を中心に臨床実習のための基礎を学ぶ。5年次からスタートする臨床実習の場となる附属病院は、横浜市唯一の総合歯科病院として多くの患者さんが来院されている。

また、附属病院内に併設されたハイテクリサーチセンターは、最先端技術を駆使して、歯科医療のための技術開発にも積極的に取り組んでいる。

特色 - 日本歯科大学(新潟生命歯学部)

6年一貫制のカリキュラム編成で、一般教育から、基礎・臨床教育へと、効率的で整合性のある授業・実習を実施しており、高い教育力を誇っている。

新潟病院における臨床実習は、各科ローティト方式によって、きめ細かい実効ある教育を実施し、卒直後の臨床研修へとスムーズに移行している。また、我が国歯科大学・歯学部では最初の在宅歯科往診ケアを行っており、学生に寝たきり老人等の在宅での歯科ケアを体験実習させることで、高齢社会の実態と対応をつぶさに学ばせている。

一方、新潟病院と医科病院を併せ持つことから、臨床実習に内科・外科・耳鼻咽喉科の実習をとりいれている。教科書での知識にとどまらない医科診療の現場を実体験させ、全人的医療に対する認識を高めている。

また、日本唯一の公的な医学博物館として平成元年に開館した医の博物館は一般にも公開され、教育・研究施設として活動している。

特色 - 松本歯科大学

本学は、“優れた歯科医師は、まず優れた人間でなければならない”の教育方針のもと、科学者としての基本的態度を身につけた歯科医師の育成を目指しています。

医療人としての自覚と良識ある行動を促し、卒業後歯科医師として社会に貢献できる人間を育成するために、従来からの初年次教育、教養・基礎・臨床といった歯科医学教育に加え、第1学年では、「歯科医学生としての自己の確立」およびモチベーションを高めコミュニケーション能力の向上を目的とした「歯科医学への歩み」「入門歯科医学」等の講義、グループワークなどが行われます。第2学年から4学年では基礎歯科医学、臨床歯科医学を中心に課外研究活動も取り入れて、より将来像を明確なものにしていきます。特に第4学年では学年末に実施される共用試験を踏まえて、基礎・臨床総論復習に重点をおいた講義が行われます。第5、第6学年では大学病院における臨床実習や統合型授業、施設見学等を通じて知識・技術をより確実なものにしながら、歯科医師国家試験に備えます。また社会で要求される一般常識マナーについても理解し、卒後すぐに社会人として実践・活躍できるプログラムも用意されています。

特色 - 朝日大学

1年次から、附属病院での早期臨床実習を実施し、歯学部生としての自覚をより強くすることで、モチベーションを高める。

2~4年次は「CBT」「OSCE」の共用試験に対応した独自のカリキュラム編成。5~6年次にはリアルなマネキンを使ったシミュレーション実習を行う。臨床実習は、附属病院、附属村上記念病院、PDI岐阜歯科診療所で実施。附属村上記念病院は総合病院であることから、医科分野と連携した歯科治療について学ぶことができる。

さらに、国際的な視野を持ち、幅広く活躍できる歯科医師を育成するために、5年次の夏季休業期間を利用して、全額大学負担で提携する世界各国の大学に学生を派遣している。また、派遣先の大学も本学を訪れ、活発な国際交流が行われている。

卒業後も最先端の技術等を習得できる生涯研修を実施。年間を通して研修会を開催するなど、卒業生を積極的にバックアップ。

特色 - 愛知学院大学

日本で最初の私大歯学部として誕生した歴史と実績を背景として、世界的に活躍する豊富な教員スタッフと最新の教育施設・設備を擁する。

豊かな知性と人間性を兼ね備えた歯科医師の育成をめざして6年間一貫の歯科医学教育を実践。歯は身体の一臓器であるということに立脚して、一般教養、歯科基礎医学、歯科臨床医学および一般臨床医学の講義から構成されている。

平成5年に導入した特別科目は、歯科英語をはじめとして、時代の要請に応じた歯科心身医学、高齢者歯科学、総合歯学など多彩な分野にまたがっている。また、歯科応用科学を設け、従来の生物・物理・化学を互いに関連させながら科学的素養を修得させることを目指している。

5年次秋学期からは附属病院での臨床実習を行い、医療現場を肌で感じることで、歯科医師としての使命と自覚を培う。

今年の歯科医師国家試験では、70.8%の合格率(新卒)。

特色 - 大阪歯科大学

関西で唯一の歯科医学の専門単科大学であり、いわば歯科医師と歯科医学研究のプロフェッショナルを育て上げることだけを目的に設立された教育・研究機関である。

最大の特徴として挙げられるのは、1学年あたり128人という小編成が可能にした徹底した小人数教育である。この充実した指導体制は、特に臨床実習において大きな効果を発揮しており、実習生のすぐそばで教授以下の教室スタッフがマンツーマンで指導を行う「チェアーサイド教育システム」は、歯科医師養成におけるひとつの理想的な指導方法として高い評価を受けている。

また附属病院に加えて、歯科技工士専門学校、歯科衛生士専門学校を併設し、教科上の連携ならびに人材交流により、将来的に求められる歯科医師としての総合的な力量を培うための環境を整えている。特に附属病院は世界に誇り得る規模と内容を有し、地域歯科医療の中心的役割を果たすと共に、歯科医師の生涯教育の場である。

特色 - 福岡歯科大学

本学は福岡市の西部に位置し、北に玄海の島々、南に背振連峰を見渡す、教育には絶好の環境に恵まれている。

9階建ての本館、大学附属の医科歯科総合病院にはマルチメディアシステム・MRIなど最新の教育、研究、診療施設・機器が整備されている。

本学の6年一貫教育の特徴は「人間性豊かで問題解決能力を持った歯科医師の育成」であり、生命・医療倫理学など歯科医師としての基本的態度を学習できるカリキュラムを作成している。初年次から、歯科医師になるという意識を高めるよう、専門科目授業が組まれている。

2・3・4年次は、専門科目である基礎、臨床科目を学ぶ学年であり、歯科医師を実感することの出来る充実した時期でもある。5・6年次は、本学医科歯科総合病院でこれまでに習得した知識を実践する臨床実習が始まり、実習で得られた経験をまとめる総合的学習も行われる。

教授陣は歯科医学に造詣の深い意欲あるスタッフが揃っており、教養・基礎・臨床のそれぞれの専門領域において、厳しい中にも慈愛にみちた指導が行われている。また、本学では「助言教員制度」を設置しており、教員になんでも気軽に相談できるよう、きめの細かい配慮を日常的に行っている。