大阪歯科大学

特色 - 大阪歯科大学

関西で唯一の歯科医学の専門単科大学であり、いわば歯科医師と歯科医学研究のプロフェッショナルを育て上げることだけを目的に設立された教育・研究機関である。

最大の特徴として挙げられるのは、1学年あたり128人という小編成が可能にした徹底した小人数教育である。この充実した指導体制は、特に臨床実習において大きな効果を発揮しており、実習生のすぐそばで教授以下の教室スタッフがマンツーマンで指導を行う「チェアーサイド教育システム」は、歯科医師養成におけるひとつの理想的な指導方法として高い評価を受けている。

また附属病院に加えて、歯科技工士専門学校、歯科衛生士専門学校を併設し、教科上の連携ならびに人材交流により、将来的に求められる歯科医師としての総合的な力量を培うための環境を整えている。特に附属病院は世界に誇り得る規模と内容を有し、地域歯科医療の中心的役割を果たすと共に、歯科医師の生涯教育の場である。