日本大学(歯学部)

特色 - 日本大学(歯学部)

当時としては先駆的な「医学的歯学」の教育理念の基に創設された歴史と伝統のある学部。歯学を全身との関連において学びとることの重要性を唱えたこの理念は、現在の日本の歯学教育の基本となっている。

5・6年次に、総合大学のメリットを生かし、医学部の教授陣による内科・外科学など隣接医学の講義を充実させている。

本学のカリキュラムは、各学年の教育目標を定めるとともに、経年的に医療人としての人格を磨く観点から、早期体験実習を含むモチベーションに留意した「医療人間科学」を開講している。また、問題解決能力を高めて基本的な歯科医学・医療の知識とスキルを修得するために小人数教育によるチュートリアル形式による教育を、全教育課程に取り入れている。